DODGE BEE LIVE 〜ドッヂビーライブ

ルールの説明







【概 要】
ディスクドッヂは、ドッヂビーを使った競技の中で、最も普及しているゲームです。
普及した、その理由として基本はドッジボールゲームであることで、幅広い年齢層になじみ易い、それは詳細なルール説明をせずとも、すぐにプレーできることにつながる、コートは6人制バレーボールと同サイズであることで既存施設を有効活用できる、などが挙げられますが、特にディスクを使うことで年齢性別による差が出難く、誰もが一緒にプレーできることがあります。
例えば親子が同じフィールドで一緒に楽しめることなど、他に類を見ない特長が高い評価をいただいています。

【序 文】
ディスクドッヂはディスクを当てることで相手内野プレーヤーを減らすゲームです。
当てられたプレーヤーは外野に出て、また当て返すことで内野に復帰します。
最終的に内野プレーヤーの数が多いチームが勝利することになります。
この競技のポイントは「相手が捕りにくい、捕れないスロー」が大変有効な手段になるといえます。また、そのスローをキャッチすることで自らが攻撃権を得るという醍醐味も、同時に存在します。
大人が投げたスローを、子どもがクリーンにキャッチする!
実際のゲームではこのシーンほど盛り上がる場面はない、と感じます!
競技として「当てる、ぶつけるゲーム」を否定する意見があることを真摯に受留めたうえで、ディスクドッヂが持つ特長を生かしつつ、より多くの方に受け入れられるように!それらを念頭に置き、ルール改定をおこないました。

具体的な改定の目的は、
① 年齢等によるルールの差異を一切解消することで、より幅広いチーム構成を進め易く。

② 試合のスピード感、正確性の向上を求めることで、よりチームワークに重点を置く。
わかりやすく一文で表現しますと「あらゆる年齢層が一緒にパスワークを磨くことで、チームワークを高め、ゲームを楽しむ。」ことを念頭に、これをディスクドッヂが目指すことと明確に定義します。
以上の基本方針に則ったルール改定をおこないました。
指導者の皆様には何卒ご理解のほど、またその推進にご協力をお願い申し上げます。

2008年8月制定 / 2009年12月第1回改定 / 2016年7月第2回改定
日本ドッヂビー協会 目次へ戻る

1 用 具

1ー1 使用ディスク
日本ドッヂビー協会公式ディスクを使用します。
1ー2 ユニフォーム
チームは、一見して同一チームとわかる統一を図るものとします。 全員が違う番号となる背番号をつけるものとします。
目次へ戻る

2 競技フィールド

2ー1 コート
ふたつの9メートル正方形が接した長方形です。
6人制バレーボールコートと同サイズです。
2ー2 センターライン
外野への延長部分は各2メートル以上としますが、延長線上にはどこまでも両外野を分ける線が存在するものとします。
2 競技フィールド
2ー3 ライン
幅は5~8cmとします。すべてのラインはどちらの陣地にも属しません。
目次へ戻る

3 チームの構成

3ー1 チームの登録人数
大会および1ゲームにおける1チームの登録人数は主催者が決定とします。
3ー2 1ゲームのプレーヤー人数
1ゲームに出場するプレーヤーは1チーム13名以下とします。
3ー3 その他のメンバー
プレーヤー以外にベンチ入りできるのは、監督/コーチもしくはマネージャー各1名の計2名までとします。
その他のメンバーは競技に出場することはできません。
全てのチーム構成者は、競技に出場する、しないにかかわらず審判の権限と職権行使に従わなければなりません。
目次へ戻る

4 選手の交代

4ー1 ゲーム中の交代
基本的にできません。ただし、けがやその他の理由により審判がプレーの続行が不可能と判断した場合は交代出場ができます。
4ー2 セットごとの交代
1ゲームの勝敗を2セット以上によって決する場合、セットごとのプレーヤー交代は自由です。
目次へ戻る

5 対戦形態

5ー1 チーム区分
大会におけるチーム区分は主催者が決定します。
5ー2 試合時間
大会における試合時間は主催者が決定しますが1ゲームは15分以内を推奨します。
目次へ戻る

6 基本定義

6ー1 スロー
スローとは、握った状態のディスクを意図して投げることをいいます。
6ー2 スローワー
スローワーとは、スローをおこなうプレーヤーをいいます。
6ー3 キャッチ
ディスクの動きを止め、自らが所有した状態をキャッチとします。
6ー4 拾得(しゅうとく)
地面に落ちて静止しているディスク、および動いているディスクを止めて拾上げる一連の状態をいいます。
6ー5 グッドスロー
グッドスローとは、スローワーがファールすることなく投げた飛行中のディスクをいいます。
6ー6 バッドスロー
バッドスローとは、スローワーがファールして投げた飛行中のディスクをいいます。
6ー7 パススロー
パススローとは、味方へのパスを意図したスローをいいます。
6ー8 シュートスロー
シュートスローとは、相手内野に対する攻撃を意図したスローをいいます。
目次へ戻る

7 ゲームの進行

7ー1 ディスクフリップ
ディスクフリップにより、最初の攻撃権とフィールドのサイドを決定します。
1ゲームの勝敗を2セット以上により決する場合、セットごとに攻撃権およびフィールドサイドともに逆の状態で開始します。
7ー1 ディスクフリップ
7ー2 内野・外野の配置
各チームは内・外野ともに1名以上を配置します。
外野プレーヤーの配置はどの位置(縦方向および左右横方向)に何人でも自由です。
外野プレーヤーは、試合終了まで最低1名を配置しなければなりません。
7ー3 スローオフ
審判の合図で攻撃権を得た内野チームがスローをおこなうことによりゲームは開始され、これをスローオフといいます。
スローオフはパススローでもシュートスローでも自由です。
7ー4 スローワーの決定
①内・外野を問わずディスクをキャッチしたプレーヤーは自動的にスローワーとなります。
②内・外野を問わず地面に落ちたディスクは、最終的にそのディスクをファールすることなく拾得したプレーヤーがスローワーとなります。
7ー5 内野プレーヤーのアウト
相手チームのプレーヤーが投げたグッドスローをキャッチし損ねた、および身体、ユニフォーム、その他身に付けている物に触れた後、地面に落ちる、または、味方内野以外のプレーヤーがファールなくキャッチした時。
7ー6 内野プレーヤーの複数アウト
相手(攻撃側)チームがおこなった1投のスローに対して味方(守備側)チームの内野プレーヤーが連続でディスクに触れ、【7-5】にある結果となった場合は、それらすべてのプレーヤーがアウトになります。
味方の内野プレーヤーが一旦、取り損ねたディスクを自らが、および味方の内野プレーヤーがファールなく地面に落ちる前に キャッチした時にはすべてのプレーヤーがアウトになりません。
7ー7 外野プレーヤーが内野へ入る権利
外野プレーヤーは相手チームの内野プレーヤーをアウトにすることで、内野に入ることができます。
元外野(プレー開始時に外野にいるプレーヤー)も相手の内野プレーヤーをアウトにしなければ内野に入ることができません。
7ー8 外野プレーヤーが内野へ入る権利の消滅
外野プレーヤーが相手の内野プレーヤーをアウトにしても、以下の場合は自陣の内野に入ることができません。
①アウトを取ってから、内野に入る前に故意にディスクに触れた時。
②アウトを取った直後に自陣の内野に入る意思が見られない時。
ゲーム展開上、すぐに内野へ入ることでまた当てられてしまいそうな場合、入るタイミングを見ることは可能です。
7ー9 内野と外野の移動 8 ディスクの所有権
①プレー中、内野と外野を移動する際には相手陣地を通ってはいけません。
移動するプレーヤーがプレーの妨げになった場合、プレーは中断され両チームのプレーヤーの準備が整うのを待って再開されます。
②内外野を移動するプレーヤーが原因で相手チームに不利が生じた場合そのプレーは無効となり、ディスクの所有権はプレーの直前の状態に戻されます。
7ー10 タイムアウト
プレーヤーおよび監督/コーチによるタイムアウトは基本的にありません。
ケガ、その他不測の事態が発生した時、プレーヤーおよび監督/コーチが審判にアピールすることはできますが、審判が必要と判断した場合のみ、審判によってレフェリータイムアウトが宣告され、時計を止めます。
ケガによるプレーヤー交代の可否などは主催者により大会ルールとして、あらかじめ決定します。ゲームの再開はできるだけ宣告以前に近い状態を目指し、審判の判断によって適宜おこなわれます。
7ー11 ファール
ファールが発生した後の処理が適切におこなわれていない場合、審判は競技をストップして適宜、処理をした後にゲームを再開します。
その際、原則、時計は止めません。
7ー12 警告
審判によって、全てのチーム構成者に対して警告が宣告されることがあります。
目次へ戻る

8 ディスクの所有権

8ー1 静止したディスクの所有権
どのプレーヤーにもディスクがキャッチおよび拾得されなかった場合、最後にディスクが静止したコートのチームが所有権を得ます。
8ー2 動いているディスクの所有権
ディスクが地面を転がったり、すべったり、動いている状態であってもディスク全体が自陣コ-ト内にあるところで拾得すれば拾得したチームが所有権を得ます。
8ー3 空中にあるディスクの所有権
空中にあるディスクは、どの時点で触れても、キャッチしてもかまわず、結果的にキャッチしたプレーヤーが所有権を得ます。
8ー4 同時キャッチの所有権
空中にあるディスクをそれぞれのチームのプレーヤーが同時にキャッチした場合、同時キャッチの直前にディスクに触れたプレーヤーの相手チームのプレーヤーがディスクの所有権を得ます。
動いているディスクをライン上で止めて拾得すると相手の所有権となります。
8ー5 ライン上のディスクの所有権
ディスクがライン上に静止した場合、最後にディスクに触れたプレーヤーの相手チームが所有権を得ます。
「最後に触れる」とは、スローはもちろんキャッチミスやディスクに当たるなど、ディスクに触れる行為、全てが含まれます。
目次へ戻る

9 ファール

9ー1 手渡し/キック
ディスクの手渡し、キックでのパスは内・外野を問わずファールになります。
9ー2 内野同士のパス
同一チームの内野同士でパスをするとファールになります。
9ー3 外野同士のパス
同一チームの外野同士でパスをする場合、コートのいずれか2本のライン上をディスクが通過するように投げなければなりません。
2本のライン上をディスクが通過しないパスは、ファールとなります。
外野スペースのセンターライン(の延長線)も含まれます。
9ー4 オーバーラインスロー
ディスクを投げる際、ラインを踏む、または踏み越すとファールになります。
また、スロー後の勢いで、およびジャンプしてラインを踏んだり踏み越したりした場合も同様です。
9ー5 5秒ルール
内・外野に関係なく全てのプレーヤーは、できるだけ早くディスクを手放さなければなりません。直前プレーでディスクが投げ出された瞬間から5秒以内に次のプレーヤーはスローをしないとファールになります。
5秒のカウントは直前プレーヤーの手からディスクが離れた時、スタートし、主・副審がカウントします。
外野プレーヤーへのパススローが大きく後方へ逸れた場合、主・副審の判断により即時、所有権が移動され再開されることがあります。
9ー6 バッドスロー
以下にひとつでも当てはまるスローはすべてファールとなります。
①投げ方のバッドスロー
正常なバックハンドスローおよびフォアハンドスローのみがグッドスローとなります。 上投げおよび正常でない投げ方のスローはバッドスローとなります。
②バッドスローの判断基準
【9-6】①は主・副審によりディスクを投げ出した瞬間の状態で判断され、グッド/バッドの判定基準は45°とします。
補足参照
主・副審が判断する基本方針は「疑わしきは罰する」とし、微妙なスローはすべてバッドスローとみなされます。
③飛行状態のバッドスロー
投げ方にかかわらず、ディスクのウラ面が上を向いた状態のスローはバッドスローとなります。
9ー6 バッドスロー
【9-6】 ①・②投げ方 の補足
9ー6 バッドスロー

9ー7 オーバーラインキャッチ
ディスクをキャッチする際、ラインを踏む、または踏み越すとファールになります。
ジャンプをして空中でキャッチした後に着地したときや、走りながらキャッチをした場合も同様です。
9ー8 アウトオブコート
プレーヤーは自分がいるべきコート以外の場所に位置してはなりません。
①相手のシュートスローを避けるため
②相手のパススローをインターセプトするため
③味方がはじいたディスクをキャッチするため
などの目的でこれらの行為を意図的におこなった場合、ファールとなります。
意図的か、否かは主審の判断によって決定されます。 また、その行為をおこなったプレーヤーはアウトになります。
9ー9 イリーガルポジション
相手に当てられた内野プレーヤーがアウトとなった後、外野に移動する前に故意に内野コート内でディスクに触れた場合、ファールとなります。
9ー10 シミュレーション
守備側内野プレーヤーが当たったことを認識しながら、速やかに外野に出ようとしない、あざむこうとする行為をおこなった場合、ファールとなり、かつ警告が宣告されます。また、監督/コーチ等プレーヤー以外がそのような行為を促すような行為・発言をおこなった場合も同様です。
9ー11 タッチング
ゲーム中、相手チームのプレーヤーに触れるとファールになります。
持っているディスクで触れた、たたいた場合や相手チームのプレーヤーが持っているディスクに触れた場合も同様です。
9ー12 オーバーディスクタッチ
自分の位置すべきコート外にあるディスクに触れるとファールになります。
ライン上にあるディスクについても同様です。
ただしディスクが空中にある場合はこれに含まれません。
9ー13 遅延行為
プレーヤーや監督/コーチが故意にプレーの進行を遅らせる行為や時間稼ぎと思われる行為をした場合、ファールとみなします。
9ー14 迷惑行為
プレーヤーや監督/コーチが他人に迷惑を与えるような行為をおこなった場合、またはゲームや大会の運営に支障をきたす行為をおこなった場合、ファールとみなします。
9ー15 スポーツマンシップを欠く行為
プレーヤー・監督/コーチがそのような行為をおこなった場合、ファールとみなします。
目次へ戻る

10 ファールの処理・処分

10ー1 ファールの発生
ファールが発生した場合、ディスクの所有権は相手チームに移動します。
10ー2 アドバンテージ(プレーの継続)
ファールを犯しておこなったプレーの結果、ディスクの所有権が相手チームに移動していた場合、プレーはそのまま続行されます。
10ー3 ファール処理の不備
ファールを犯したチームがそのままディスクを所有した状態でプレーが継続した場合、プレーは一時中断されディスクの所有権を移動させた後、プレーを再開します。
10ー4 ディスク所有権の移動方法
ファールを犯したプレーヤーは速やかにディスク所有権を得たチームの陣地に置く、または相手プレーヤーにディスクを渡します。
正しく渡されない場合、審判によりゲームが止められ、正しく処理された後、ゲームを再開します。
10ー5 悪質なファールと処分
【9-13】【9-14】【9-15】など悪質なファールが発生した場合、主審の判断で警告が与えられます。守備側チームが違反した場合、ディスクの所有権移動はありませんが攻撃側チームが違反した場合、所有権は相手チームに移動します。
10ー6 失格
1ゲーム中にチームとして2回目の警告を受けた場合、そのチームは失格となり、相手チームを勝ちとします。
その時の得点記録は、敗者(失格)チームは「0点」となります。
勝者チームはそのゲームの最高得点、または主催者が決定した得点とします。
目次へ戻る

11 勝利チーム

11ー1
試合時間経過後、より多くのプレーヤーが内野に残っている、または時間内に相手の内野に1人もプレーヤーが残っていない状態にしたチームを勝ちとします。
11ー2
内野に残っているプレーヤーの人数が両チーム同数の場合は引き分けとするか、または延長戦をおこないます。
延長戦の方法は大会ごとに主催者が決定します。
目次へ戻る

12 審 判

12ー1
ファールにおいて悪質性や故意性を感じるものに対して、審判はその絶対的権限によりベンチ入りしているプレーヤーや監督/コーチ全メンバーに対して警告を与えることができます。
12ー2
コートにおけるジャッジメントは1名以上の審判によって判定されます。
12ー3
審判の人数は大会の主催者が決定します。
※正式大会における推奨ジャッジメント体制は以下の通りです。
◯ 主 審=1名 試合の全権
◯ 副 審=1名 主審の補佐、センターラインジャッジ
◯ 線 審=2名 担当する2方向のラインジャッジ
◯ 記 録=1名 スコアおよびタイム、ベンチ入りメンバー管理
目次へ戻る